シンゴジラ 庵野秀明

シンゴジラの動画を無料で今すぐ観る方法 DVDは不要!?

MENU

庵野秀明監督節炸裂 シンゴジラの衝撃!

去年観た映画のなかで、シンゴジラは凄まじい衝撃を私に与えました。

 

CGで描かれるゴジラはリアルで、この世界に本当に居るかの如き佇まいです。

 

ゴジラ出現に現実を直視できず、慌てふためく日本政府、逃げ惑う街の人々、無残に破壊される大都市東京。

 

庵野秀明監督節炸裂 シンゴジラの衝撃!

 

その映像は本来ならば傍観者あるはずの私を、その場にいる当事者のように、この過酷な世界に連れて行きます。

 

最初から最後まで、圧倒的な情報量で目まぐるしく展開する物語。

 

作中の主人公達と同じように、ゴジラ打倒の作戦の顛末を見守りました。

 

最後の決着シーンでは本当に良かった・・!と、心から思ったものです。

 

庵野監督作品という事で、監督の個性が、とにかく100%発揮されてる映画でした。

 

所々に監督自身が今まで手掛けてきた、作品のオマージュが散りばめられています。

 

長年監督の作品を観てきたファンは、思わずニヤリ、と微笑むでしょう。

 

今回のゴジラは、まるでエヴァンゲリオンに出てくる敵キャラ、使徒を彷彿とさせる風貌でした。

 

あの得体の知れなさや形態が進化していく様は、使徒同様の、とてつもない恐怖を感じます。

 

劇中音楽も、エヴァンゲリオンで使われていた有名な楽曲が、とあるシーンで流れており、意外性に驚きました。

 

シンゴジラには、庵野監督ファンだと何倍にも楽しめる演出が、随所に仕掛けられているのです。

 

シンゴジラは新世紀エヴァンゲリオンの使徒に似ている

 

シン・ゴジラは色々な意味で、伝説のテレビアニメである新世紀エヴァンゲリオンの使徒に似ていると感じました。

 

両作品とも、庵野秀明監督が指揮を取ったということもあり、シン・ゴジラの作中に流れた音楽などは、エヴァンゲリオンと同じものもあり、テレビアニメをリアルタイムでみていた私にとって、感慨深いものがありました。

 

エヴァンゲリオンに登場する使徒は、「得体の知れない敵」という設定です。

 

シン・ゴジラも「得体が知れない」という点で使徒に似ており、どこから、どのようにしてやって来たか、何のために関東一円を破壊しようとしているのかも意味不明という点でも、使徒に酷似しています。

 

シン・ゴジラの登場に対して、右往左往している日本政府の姿が、東日本大震災に伴う原発事故に手こずる当時の政権を風刺していたのではないかと感じました。

 

エヴァンゲリオンにおいても、ゼーレという高齢者が支配する組織があり、政治的な思惑が見え隠れする姿がシン・ゴジラにも取り入れられているように感じました。

 

シン・ゴジラには様々な会議があって、政府が行動を起こそうにも、手続きを踏む必要があり、後手後手になった様子は、2011年3月のことを連想させました。