シンゴジラ 動画

シンゴジラの動画を無料で今すぐ観る方法 DVDは不要!?

MENU

シン・ゴジラと非効率な会議

シン・ゴジラは、2011年3月11日の東日本大震災に伴って発生した福島の原発事故に対する日本政府の対応を風刺した映画だと感じました。

 

当時の政府が右往左往する様子は、海外でも皮肉られ、何よりも、自国民である日本の人々があきれていたことを思い出します。

 

東京にどんどん近づいてくるシン・ゴジラに対して、一つのアクションを取るたびに、政府は会議を準備して、不毛な議論を続ける様子を、この映画は生々しく描いていたと思います。

 

伝説的アニメである新世紀エヴァンゲリオンの原作者・庵野秀明が、シン・ゴジラの監督であることから、作品の至るところにエヴァンゲリオンの雰囲気を感じることができました。

 

エヴァンゲリオン世代の私にとっては、音楽を含め、懐かしい感覚を覚え、シン・ゴジラへの感情移入を高めることができました。

 

シン・ゴジラは映画であるため、多くの会議シーンはある程度、面白おかしく描写されていましたが、東日本大震災後の政府における会議は、もっと官僚的で非効率な運営が行われていたと想像します。

 

政府に限らず、民間企業でもある一定以上の大きさになると、顧客向けではなく、社内向けの会議が多くなり、会議のための会議や、会議資料を準備するための会議など、非効率極まりない作業が行われる可能性が高くなります。

 

日本のあちこちで行われている非効率な会議の問題を考察する上で、シン・ゴジラは興味深い作品でした。