シンゴジラ 動画

シンゴジラの動画を無料で今すぐ観る方法 DVDは不要!?

MENU

話題のシンゴジラと以前の作品の違いについて

日本映画は非常に面白い要素を持っていると思います。私は子供の頃から怪獣映画を見ているので、話題になっているシンゴジラにも興味がありました。

 

またゴジラは何度でも復活しているのでそこも面白いと思います。

 

このゴジラシリーズは外国でも人気なので意外だと感じます。

 

しかし今では怪獣映画のファンも多いので個人的には驚いています。実際にシンゴジラもヒットしたので確かな実力を持っていると思います。またシンゴジラのヒットは怪獣映画の復活にも繋がると良いです。

 

私は怪獣映画を見た時に興奮や勇気を得たことを覚えています。

 

そして今のシンゴジラにもそういった感情があります。つまりシンゴジラは昔の怪獣映画を上手く現代に復活させているのです。だからこそ私が大人になっても怪獣映画が面白いと感じたのです。

 

またシンゴジラは一般ユーザーの評価も高いので納得できます。そして映像が派手なので技術の進化を感じることができます。怪獣がリアルな部分も非常に魅力的だと思います。

 

こういった要素があるシンゴジラは実際に名作だと感じます。過去の怪獣映画よりもシンゴジラは興奮する要素が強いです。なぜならそこには最新の映像技術が詰め込まれているからです。こうした進化なら大人でも受け入れられると思います。

 

キングギドラがもし「シンゴジラ」シリーズに登場したら

 

過去のゴジラ作品には、「キングギドラ」という怪獣が登場します。

 

キングギドラは、龍のような3つの頭と長い首、2本の長い尾、そして巨大な翼を持った怪獣です。全身は黄金の鱗で覆われており、腕はありません。

 

またゴジラ以外の怪獣としては珍しく、口から稲妻のような光線を吐きます。

 

ゴジラ作品にキングギドラが登場する場合、大抵はキングギドラがゴジラの「ライバル」のような立ち位置になります。キングギドラが出演したゴジラ作品は、以下の通りです。

 

  • 三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)
  • 怪獣大戦争(1965年)
  • 怪獣総進撃(1968年)
  • 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(1972年)
  • ゴジラvsキングギドラ(1991年)
  • ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃(2001年)

 

以上から大体の見当がつきますが、キングギドラはゴジラと最も対戦した敵怪獣です。

 

そんなキングギドラですが、口から吐く光線は「引力光線」です。つまり光線周辺の重力・引力が歪むのです。そんな怪獣がもし「シンゴジラ」シリーズに登場したら、とんでもない事になりますね。

 

もしシンゴジラに登場したゴジラと、更に凶悪に進化したキングギドラが陸上で対戦でもしたら…冗談抜きで日本が滅ぶのではないでしょうか。熱光線で焼き尽くされる上に重力・引力が歪みますからね。